フランソワーズ・サガン(Francoise Sagan)
1935年6月に、フランスのドルドーニュ地方ロット県カルジャックに生まれる。19歳の夏に、処女小説『悲しみよこんにちは』が「批評大賞」受賞し、世界的ベストセラーに。一躍フランス文壇の寵児になる。1957年に愛車アストン・マーチンで転落事故を起こし、九死に一生をえる。1978年に来日。小説、戯曲と著書多数。『悲しみよ こんにちは』から五十年を経た現在も、男と女、生と死、愛と孤独、ときには社会への鋭い批判を描き続ける。2004年9月 心肺機能不全のため死去。69歳でした。心より、ご冥福をお祈りいたします。
ご注文は?
ご注文は、[ご購入]を押しますとショッピングカートに入ります。(お客様の情報は暗号化されて送信されます)
アンプリヴェのcontents
For おんなのこ 〜アン・プリヴェの古書〜selection
HOME
ご注文方法
新着本
おすすめリンク
F・サガンの部屋
赤毛のアンの部屋
角川マイディアストーリー
3冊1000円文庫本
関連リンク
国文学*小説
〃*エッセイなど
〃*『食』のエッセイ ■売切
詩集
海外文学*小説
〃*エッセイなど
料理(レシピなど)
手芸本 ■売切
シネアルバム・映画
趣味・その他
新書本
講談社現代新書
ハーレクインロマンス
文庫本
映画原作文庫本
保育社カラーブックス
ご注文は?
 

トルソーなる
古書のトルソーワールド「写真で見てみる」
食の本
For おんなのこ 〜アン・プリヴェの古書〜selection
Graph Contents
----------------【文庫本】----------------
「悲しみよこんにちは」サガン著
悲しみよ こんにちは
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
S63年102刷(発行) ヤケ少
350円(価格)
 おすすめ度 ★★★★
発表と同時に全世界でベストセラーとなり、文壇に輝かしいデビューを飾ったサガンの処女作。
「ある微笑」サガン著
ある微笑
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H2年67刷(発行)ヤケ少・シミ少
350円(価格)
 おすすめ度 ★★★
肉体の喜びにのみ幸福を求める現代の恋愛をサガン独特のスタイルで描く長編。
「ブラムスはお好き」サガン著
ブラームスはお好き
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
S54年37刷(発行) ヤケ少
350円(価格)
 おすすめ度 ★★★
孤独から逃れようとして織りなす複雑な男女のもつれを描く、パリの香りに満ちた四番目の小説。
「熱い恋」サガン著
熱い恋
サガン(著)朝吹登水子(訳) 新潮文庫/新潮社(刊)
H2年37刷(発行) ヤケ少・カバーの背に色あせあり
700円(価格)
おすすめ度 ★★
パリジェンヌの甘美な愛の世界、新しい愛の形を描く長編小説。
「心の青あざ」サガン著
心の青あざ
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
S51年4刷(発行) ヤケ少・カバーにスレ。
1,000円(価格)
 おすすめ度 ★★★★
戯曲『スウェーデンの城』の続編である小説と交互にサガンの独白がつづられており、彼女の人生観、社会観を知るうえに貴重な作品。
■戯曲『スウェーデンの城』も、おすすめいたします。
「愛と同じくらい孤独」サガン著
愛と同じくらい孤独
フランソワーズ・サガン(著)朝吹由紀子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)■再入荷
S54年初刷(発行)(状態)カバー角端に少しスレあり、本体は本ヤケ少し。
1,000円(価格)
 おすすめ度 ★★★
19歳で文壇デビューして以来、周囲が勝手につくった伝説をまとわされた彼女が、自らその仮面をはぎとり、生い立ち、少女時代、結婚、息子との生活を優雅な饒舌で語る。愛について、孤独について、その人生観を浮き彫りにした作家サガンのポートレート。
「絹の瞳」サガン著
絹の瞳
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H1年19刷(発行) ヤケ少
400円(価格)
 おすすめ度 ★★★
パリ、ローマ、ハリウッドなどの街々を舞台に男女の揺れ動く繊細な心を捉えた短編集。
「ボルジア家の黄金の血」サガン著
ボルジア家の黄金の血
フランソワーズ・サガン(著)鷲見洋一(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H2年初刷(発行) 帯付・ヤケ少
1,000円(価格)
 おすすめ度 ★★★★
ボルジア一族の愛欲と野望と権謀術数を背景に、イタリア王たる夢を描く野心家チェーザレと彼の妹ルクレツィアとの背徳の「愛と死」を描く。
「愛は遠い明日」サガン著
愛は遠い明日
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
S62年初刷(発行) ヤケ少
700円(価格)
 おすすめ度 ★★★
過去をもつ年上の女に翻弄されながら、アフリカでの愛の生活を信じる若者の悲劇を描く長編小説。
「一年ののち」サガン著
一年ののち
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)S51年25刷(発行)■再入荷
(状態)色あせがあり、カバー背表紙は真白に変色していますが、本体は良好です。
1,600円(価格)
おすすめ度 ★★★★★
パリに住むある階級の男女らが、漠然とした虚無の香りと淡い諦めの絶望感をかもし出すサガンの三作目。
■ジョゼを主人公とする三部作『一年ののち』『すばらしい雲』『失われた横顔』おすすめです。
■女優ベアトリス、青年エドワールを主人公にした続編『乱れたベット』も、ぜひどうぞ。
「赤いワインに涙が・・・」サガン著
赤いワインに涙が・・・
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H4年13刷(発行) ヤケ少、奥付に日付あり。色アセ少
600円(価格)
 おすすめ度 ★★★
残酷な愛のエゴとジェラシーなど男と女の微妙な恋愛模様を背景に、愛の皮肉と優しさを描く短編集。
「愛の中ひとり」サガン著
愛の中のひとり
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H元年初刷(発行) ヤケ少
900円(価格)
 おすすめ度 ★★★
七月王政下の1930年代、フランスの牧歌的なアキテーヌ地方を舞台に、愛に生き愛に死んだ人間模様を描く長編恋物語。
「夏に抱かれて」サガン著
夏に抱かれて
サガン(著)朝吹由紀子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H4年初刷(発行) ヤケ少背表紙色あせ
1,000円(価格)
 おすすめ度 ★★★★
ひと夏の大人の愛の優しさと哀しみを描く長編小説。
「愛は束縛」サガン著
愛は束縛
サガン(著)河野万理子(訳)新潮文庫/新潮社(刊)
H6年初刷(発行) ヤケ少、カバー傷み少
400円(価格)
 おすすめ度 ★★★
美貌の妻と若き作曲家の切ない愛のかたちを、甘美な香水と音楽にのせて描く恋愛長編。
----------------【単行本】----------------
夏に抱かれて
フランソワーズ・サガン(著)朝吹由紀子(訳)新潮社(刊)
H3.5.20(発行)絶ヤケ少
1,500円(価格)
おすすめ度 ★★★
ひと夏の大人の愛の優しさと哀しみを描く長編小説。
愛の中のひとり
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮社(刊)S61年(発行) ヤケ少
2,400円(価格)
 おすすめ度 ★★★★
七月王政下の1930年代、フランスの牧歌的なアキテーヌ地方を舞台に、愛に生き愛に死んだ人間模様を描く長編恋物語。
装幀 宇野亜喜良
「心の青あざ」サガン著
心の青あざ
フランソワーズ・サガン(著)朝吹登水子(訳) ■再入荷
新潮社(刊)S49年4刷(発行) 
1,400円(価格)
おすすめ度 ★★★★
この小説は、サガンが1960年に発表し、芝居として大成功した戯曲「スウェーデンの城」の続編である小説と交互に、彼女の独白が日記風につづられていて、サガンという人間を知るには必須の作品。彼女がもっている政治観、社会観、人生観が吐露されています。
愛という名の孤独
フランソワーズ・サガン(著)朝吹由紀子(訳)新潮社(刊)H6.6.30(発行) ■再入荷
帯付き、角に少しイタミがあります。
2,800円(価格)
おすすめ度 ★★★
本文には至りません。誰かを愛し、愛されているとき以外、私はいつも自由だったサガンが語る、恋愛と人生の<答え>ベストセラー「愛と同じくらい孤独」に続く、待望のインタビュー集-----帯がきより
「愛は遠い明日」サガン著
愛は遠い明日
サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮社(刊)S57年(発行) ヤケ少
1,500円(価格)
 おすすめ度 ★★★
巨額な宝石を拾った青年の狼狽は、虚栄心と欲望と夢に変り・・・彼を監視する年上の女との奇妙な愛の絆。
「絹の瞳」サガン著
絹の瞳
フランソワーズ・サガン(著)朝吹登水子(訳)新潮社(刊)1977年4刷(発行)
1,300円(価格)
 おすすめ度 ★★★
十九の短編がおさめられている短編集。主なテーマは、サガンお得意の男女の心の綾。絹の瞳/ジゴロ/横たわった男/未知の女/五つのうわの空/ジェントルマンの樹/ある夜の外出/歌姫/スノップな死/釣りあそび/縄底靴をはいた死/左の瞼/犬の一夜/ローマの別れ/かどのキャフェ/七時の注射/イタリアの空/陽はまた沈む/孤独の池
「愛は束縛」サガン著
愛は束縛
フランソワーズ・サガン(著)河野万理子(訳)新潮社(刊)
1991年初刷(発行) ヤケ少
1,800円(価格)
おすすめ度 ★★★
美貌の妻と若き作曲家の切ない愛のかたちを、甘美な香水と音楽にのせて描く恋愛長編。
トルソーなる
古書のトルソーワールド「写真で見てみる」
食の本
 
F・サガンの部屋
F・サガンの部屋へ
 
赤毛のアン
アン・ブリヴェ的 F・サガンの部屋・絶版・古本